文字の大きさ 拡大 標準 縮小
背景色 白 黒 通常
広島市社協について 暮しの相談・支援 ボランティア 地域福祉活動
社会(地域)貢献 シニア 福祉センターの利用 検索システム
広島市社協について 暮しの相談・支援
ボランティア 地域福祉活動
社会(地域)貢献 シニア
福祉センターの利用 検索システム
シニア大学・大学院

シニア大学・大学院

シニア大学とは

シニア大学とは

昭和49年度に「広島市老人大学」として開校し、平成29年度から「広島市シニア大学」に名称変更しました。
入学資格は、広島市内に居住する65歳以上の方で、地域福祉やボランティア活動に関心のある方となっています。また、受講年限は大学が3年、大学院は2年です。
大学講座 大学教授、医師、報道関係者、広島市職員など、各分野から専門家を講師として招いて月2回 実施しています。定員は400名です。
大学院講座 大学3年間を修了後、希望された方が大学院に進学し、地域社会でリーダー的役割を 担っていただけるよう、地域福祉活動、ボランティア活動等の実践・研究講座に重点をおき月2回 実施しています。
サ-クル 絵画、水墨画、書道、写真、ウォーキング、七宝焼、リズム体操、民謡、大正琴、 歌謡、グラウンドゴルフ、パソコン、遊歩会、吟詠、俳句、ボウリング、混声合唱団、ハーモニカ、男の料理、フォークダンス、健康麻雀の21サ-クルが 活動を行っています。
班活動 施設・名所旧跡の見学並びに懇談会など学生同士の交流を行っています。
自治会活動 シニア大学・大学院の学生で自主的に運営する自治会があり、文化活動として会報「きずな」の 発行や、ボランティア活動として平和公園の清掃活動を行っています。また、学生相互の交流を深めるための研修旅行も行われています。 ボランティア活動の様子
平成30年7月豪雨災害でのボランティア活動の様子

シニア大学開校の趣旨

健康寿命の延伸と社会参加(引きこもり防止)の推進を目指し、高齢者が新しい知識や教養を身につけ広く仲間づくりや生きがいづくりを図るとともに、地域社会においてリーダー的役割を果たし、もって高齢者福祉の向上に資することを目的としてシニア大学を開校する。
主催 社会福祉法人 広島市社会福祉協議会
対象 広島市内に居住する65歳以上の方で、地域福祉やボランティア活動に関心のある方
定員 400名
会場 広島市総合福祉センタ- 5階ホール
〒732-0822 広島市南区松原町5番1号
TEL:082-264-6404(地域福祉推進課 事業係直通)
受講年限 3年間
内容 講座
(原則として第2・第4木曜日開催。午後1時30分から3時)
講座の内容
 ・健康、福祉、平和、国際交流、市民生活、郷土、芸術文化、一般教養
自主活動
1.班活動
2.自治会活動
  ●施設見学や野外レクリェ-ション等
  ●シニア大学祭
    ・作品展示
    ・芸能発表
  ●その他

シニア大学院開校の趣旨

生活に密着した問題を題材として掘り下げて相互学習する中で、高齢者としての現代感覚を身につけるとともに、地域社会における福祉課題等の理解を通し、高齢者自ら急速に進む高齢社会を支える一員としての知識や情報を習得し、地域社会において福祉リーダー的役割を果たすことを目的としてシニア大学院を開校する。
主催 社会福祉法人 広島市社会福祉協議会
対象 シニア大学に3年間在学し卒業した方
会場 広島市総合福祉センタ- 5階ホール
〒732-0822 広島市南区松原町5番1号
TEL:082-264-6404(地域福祉推進課 事業係直通)
受講年限 2年間
内容 講座
(原則として第1・第3月曜日開催。午後1時30分から3時)
 専門分野の研究促進とその成果や長年の知識・経験を地域で活かし、
 地域のリーダーや相談役として多彩に活動できる人材の育成を
 目指し、多分野の実践・研究を開講します。
自主活動
1.班活動
2.自治会活動

講座会場

広島市総合福祉センタ- 5階ホール
〒732-0822 広島市南区松原町5番1号
TEL:082-264-6404(地域福祉推進課 事業係直通)

地図を見る
※自家用車での通学は禁止します。

開校日程

シニア大学・大学院 自治会だより

get adobe reader
PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。 Adobe Readerをお持ちでない場合は、左の"Get Adobe Reader"アイコンをクリックしてください。
職員採用 財団助成・各種募集案内
広報紙・刊行物 行事アルバム
各区社協ページへのリンク 中区 東区
南区 西区
安佐南区 安佐北区
安芸区 佐伯区
このホームページに関するすべての著作権は、広島市社会福祉協議会に帰属します。
copyright©2008-2016 The Hiroshima City Council of Social Welfare. All rights reserved.