文字の大きさ 拡大 標準 縮小
背景色 白 黒 通常
広島市社協について 暮しの相談・支援 ボランティア 地域福祉活動
社会(地域)貢献 シニア 福祉センターの利用 検索システム
広島市社協について 暮しの相談・支援
ボランティア 地域福祉活動
社会(地域)貢献 シニア
福祉センターの利用 検索システム
佐伯区 安佐南区 安佐北区 東区 安芸区 西区 中区 南区
中区 東区 南区 西区 安佐南区 安佐北区 安芸区 佐伯区
職員採用情報 広報誌・刊行物 財団助成・各種募集案内 行事アルバム facebook

お知らせ

広島市社会福祉協議会と各区社会福祉協議会との法人合併契約調印式について (2021-09-14)
 この度、広島市社会福祉協議会(以下「市社協」という。)と8区の区社会福祉協議会(以下「区社協」という。)とは、2022年(令和4年)4月1日に法人合併することに合意し、下記のとおり、法人合併契約調印式を行いました。
 今後は、所轄庁(広島市)への法人合併認可申請、定款変更や諸規程の改正、整備の手続きを進めていくとともに、合併後も各種の事務事業が、引き続き円滑に実施できるよう、市社協と区社協とで調整を行って参ります。

                   記

1.法人合併契約調印式の概要
 ⑴ 日 時:令和3年9月13日(月)午後2時50分から
 ⑵ 場 所:広島市総合福祉センター ホール
       (広島市南区松原町5-1 BIG FRONTひ
       ろしま 5階)
 ⑶ 出席者:市社協正副会長、8区の区社協会長ほか

2.法人合併の理由
  市社協は1964年(昭和39年)に社会福祉法人として認可
 され、8区の区社協も1985年(昭和60年)には全てが法人
 認可を受けました。
  当初、区社協は独立した法人格を持つことで、国庫補助を受け
 ることができるようになる等のメリットがあったものの、 
 2002年(平成14年)の三位一体の改革以降はそのメリット
 が薄れ、逆に、2017年(平成29年)の社会福祉法人制度改
 革により、法人運営事務及び経理事務は小規模な区社協におい
 て、大きな事務負担となってきました。
  こうした中、地域共生社会の実現が重要な課題となっている今
 日において、市社協・区社協は、地域福祉活動の推進を一層強化
 していく必要があり、そのためには地域に出向き、地域福祉活動
 の主体である地区社協への支援に注力していかなければなりませ
 ん。
  また、広島市の2021年度(令和3年度)当初予算において
 も、地区社協支援の原資として、市社協への出捐金(8,560
 万円)が新たに計上されるなど、今後の市・区社協の活動により
 一層大きな期待が寄せられているところです。
  以上を踏まえ、市・区社協の理事会及び評議員会で検討した結
 果、市社協が区社協を吸収合併して法人関係業務を集約する一
 方、区社協は市社協の事務所として地域に根差した事業に力を集
 中し、新たな体制のもと、さらなる地域福祉の推進に努めていく
 こととしました。

3.今後のスケジュール
  令和3年10月 広島市に法人合併認可申請
  令和3年12月 官報へ公告(期間二か月以上)
  令和4年 4月 法人合併(法人登記)
お知らせ一覧へ
職員採用 財団助成・各種募集案内
広報紙・刊行物 行事アルバム
各区社協ページへのリンク 中区 東区
南区 西区
安佐南区 安佐北区
安芸区 佐伯区
このホームページに関するすべての著作権は、広島市社会福祉協議会に帰属します。
copyright©2008-2016 The Hiroshima City Council of Social Welfare. All rights reserved.