文字の大きさ 拡大 標準 縮小
背景色 白 黒 通常
広島市社協について 暮しの相談・支援 ボランティア 地域福祉活動
佐伯区 安佐南区 安佐北区 東区 安芸区 西区 中区 南区
中区 東区 南区 西区 安佐南区 安佐北区 安芸区 佐伯区
社会福祉法人の地域貢献 企業の社会(地域)貢献 職員採用情報 広島市シニア応援センター 広報誌・刊行物 財団助成・各種募集案内 行事アルバム 福祉活動団体データベース 図書・資料貸出閲覧 DVD・ビデオ貸出 中広会館の利用 福祉センターの利用

財団助成・各種募集案内

第17回「配食用小型電気自動車寄贈事業」
実施主体
公益財団法人 みずほ教育福祉財団
対象事業・使途
【趣旨】
みずほ教育福祉財団では、高齢者を対象とした福祉活動を支援するため、みずほフィナンシャルグループ役職員からの募金を主な原資として、高齢者向けに配食サービスを行っている民間団体に対し、配食用小型電気自動車(愛称:みずほ号)の寄贈を行います。

※配食用小型電気自動車「みずほ号について」
トヨタ車体(株)製の車両(コムスB・COMデリバリー)をベースとした、一人乗り小型電気自動車(ミニカー)です。
家庭用コンセント(100V)からの充電専用のため、特別な設備は必要としません。
車両の仕様等は、別紙(※PDFファイルをご参照ください)のとおりです。車体には、「みずほ号」・「みずほ教育福祉財団寄贈」・「団体名」のロゴが入ります。
寄贈後の車体のロゴの変更には、みずほ教育福祉財団の許可を要するものとします。

【助成対象】
以下の3つの条件を満たす団体。なお、反社会的勢力、および反社会的勢力に関係すると認められる団体からの申請は受け付けられません。
①高齢者を主な対象とし、原則として、1年以上継続して、週1回以上、調理・家庭への配食・友愛サービスを一貫して行っていること。
②法人(非営利活動法人、公益団体、出資持分のない医療法人、公益法人等)・任意団体を問わず、非営利の民間団体であること。ただし、実施している給配食サービスがすべて行政等からの委託である団体の場合は、当該専門の営業利益が黒字ではないこと。
③現在の活動を継続するにあたって、配食用の車両が不足しており、本寄贈によって運営の円滑化が見込まれること。
助成金額
【寄贈内容】
◆助成内容:配食用小型電気自動車1台
◆事業規模:10台(10団体)<予定>
応募方法
①所定の申請書に必要事項を記入の上、都道府県・指定都市または市区町村社会福祉協議会、あるいは全国食支援活動協力会のいずれかより推薦を受けてください。
②みずほ教育福祉財団宛て、推薦団体経由または直接、申請書類一式を送付してください。
※応募要領・申請書はみずほ教育福祉財団のホームページから、PDF形式でダウンロードできます。(2019年3月掲載予定)
募集期間
2019年6月7日(金)<必着>
問合せ・申込先
【問合せ先】①都道府県・指定都市社会福祉協議会、または市区町村社会福祉協議会 ②一般社団法人 全国食支援活動協力会 事務局 Tel:03-5426-2547 Fax:03-5426-2548 E-mail:infomow@mow.jp 【申請書送付先】公益財団法人 みずほ教育福祉財団 福祉事業部 〒100-0011 東京都千代田区内幸町1-1-5 みずほ銀行内 TEL:03-3596-4532 FAX:03-3596-3574 E-mail:FJP36105@nifty.com
【PDF】第17回「配食用小型電気自動車寄贈事業」(2019年度)応募要領、※別紙
※PDFファイルを見るためには、Adobe Readerをダウンロードしてください。
このホームページに関するすべての著作権は、広島市社会福祉協議会に帰属します。
copyright©2008-2016 The Hiroshima City Council of Social Welfare. All rights reserved.