文字の大きさ 拡大 標準 縮小
背景色 白 黒 通常
広島市社協について 暮しの相談・支援 ボランティア 地域福祉活動
佐伯区 安佐南区 安佐北区 東区 安芸区 西区 中区 南区
中区 東区 南区 西区 安佐南区 安佐北区 安芸区 佐伯区
社会福祉法人の地域貢献 職員採用情報 広島市シニア応援センター 広報誌・刊行物 財団助成・各種募集案内 行事アルバム 福祉活動団体データベース 図書・資料貸出閲覧 DVD・ビデオ貸出 中広会館の利用 福祉センターの利用

財団助成・各種募集案内

公益財団法人 広島平和文化センター 平成31年度上期国際交流・協力補助金交付事業
実施主体
公益財団法人 広島平和文化センター
対象事業・使途
【補助対象事業】
次の①~⑩全ての項目に該当する事業とします。
①広島市内又は外国において行う国際交流の推進又は国際協力の推進を目的とする事業であること。ただし、姉妹・友好都市事業以外については、主たる活動の内容が、文化・芸術・スポーツ振興等(各種展示会、交流試合、語学学習活動等)の事業であるものを除く。
②申請の資格を有する団体が企画し主催する事業で、団体の正式な機関決定に基づくものであること。
③非営利の事業であること。
④特定の宗教・政党に偏っていない事業であること。
⑤平成31年4月1日から平成31年9月30日までの間に行う事業で、実施期間が2か月以内(姉妹・友好都市事業を除く)であること。(事業の初日で区分する。ただし、姉妹・友好都市事業は、目的地に到着する日を初日とする)
⑥国、地方公共団体又は国若しくは地方公共団体が資本金、基本金その他これらに準ずるものを出資した法人から、同種の助成金の交付を受けていない事業であること
⑦講演会、シンポジウムその他これに類する事業にあっては、新規事業の掘り起こし若しくは新規事業の担い手育成につながるものであること。
⑧国際交流の推進を目的とする事業にあっては、前記⑦に規定する事業を除き、人的交流を伴う事業であること。
⑨国外で行う事業の場合は、国外への派遣者が5人以上であること。
⑩広島市内で行う事業の場合、団体の構成員だけでなく、一般の広島市民も参加できる事業であること。

【補助対象団体】
次の①~⑪全ての項目に該当する団体とします。
①国際交流の推進又は国際協力の推進を行う団体であること。
②主たる活動の場が広島市内であること。
③事務所を広島市内に置き、構成員の8割以上が広島市民又は広島市内に通勤若しくは通学していること。
④目的、組織、事務所、代表者、役員、会計など団体の運営に必要な事項についての定めがあること。
⑤同一年度内に当補助金の交付を受けていないこと。
⑥国又は地方公共団体が資本金、基本金その他これらに準ずるものを出資した法人(以下「出資法人」という)でないこと。
⑦非営利の団体であること。
⑧振興補助金を受けようとする団体にあっては、2年以上の活動実績を有し、育成補助金を受けようとする団体にあっては、活動実績2年未満の団体であること(平成31年2月4日現在)。
⑨振興補助金を受けようとする団体にあっては、交付申請年度直前の3か年度に振興補助金の交付を3回受けている団体でないこと。
⑩育成補助金を受けようとする団体にあっては、広島平和文化センターから育成補助金を2回以上受けていない団体であること。
⑪⑨及び⑩の交付回数の算定に当たっては、団体の名称の如何を問わず、同一性を有する団体と認められる場合は、同一団体への交付回数として算定する。
助成金額
【活動実績2年以上の団体】
国外事業:40万円
市内事業:15万円
姉妹・友好都市事業:40万円
【活動実績2年未満の団体】
10万円

※補助金用予算の範囲内で交付するため、交付決定金額が補助金交付限度額を下回る場合があります。
応募方法
申請期間内に、所定の「補助金交付申請書」に必要な書類を添えて、広島平和文化センターへ郵送又は持参してください。
※申請を希望する団体は、遅くとも締切日の10日前までに、必ず御相談ください。締切日直前に申請され、記述内容の不備や添付書類の不足等により申請が締切日に間に合わない場合は、申請を受理できない場合がありますので御注意ください。
募集期間
申請期間:平成31年1月4日(金)~平瀬31年2月4日(月)〈必着〉
問合せ・申込先
公益財団法人広島平和文化センター 国際部国際交流・協力課 〒730-0811 広島市中区中島町1番5号 広島国際会議場3階 TEL:082-242-8879 FAX:082-242-7452 E‐mail:internat@pcf.city.hiroshima.jp
このホームページに関するすべての著作権は、広島市社会福祉協議会に帰属します。
copyright©2008-2016 The Hiroshima City Council of Social Welfare. All rights reserved.