TEL082-426-1120
文字の大きさ 拡大 標準 縮小
背景色 白 黒 通常
広島市社協について 暮しの相談・支援 ボランティア 地域福祉活動
地域福祉活動

新・福祉のまちづくり総合推進事業

スローガン:「みんなでつくる ささえあいのまち」

地区(学区)社会福祉協議会が中心となり、1)小地域での見守り・支え合い活動(近隣ミニネットワークづくり推進事業)2)地域住民のふれあいの場づくり(ふれあい・いきいきサロン設置推進事業)3)地域住民の参加・たすけあいの活動(地区ボランティアバンク活動推進事業)の3つの事業を計画的・体系的に推進し、取り組んでいくものです。

各事業の内容については下記のとおりです。

近隣ミニネットワークづくり推進事業

目的:「気がかりな人の孤立防止と変化の早期発見とつなぎ」

訪問活動を基本にして、住民の視点で気がかりな人を多様な方法で見守ることによって、気に掛け合い、声を掛け合えるような地域づくりを進める取り組みです。

ふれあい・いきいきサロン設置推進事業

目的:「住民同士が顔を合わせ、なじみの関係をつくっていく場づくり」

高齢者や障害者、児童等が身近な地域で気軽に参加できるサロン(集いの場)を実施したり、サロンの立ち上げ支援やサロン同士のネットワークづくりを行ったりする取り組みです。

地区ボランティアバンク活動推進事業

目的:「たすけあいのある地域づくり、困ったときに相談できる地区社協づくり」

地域で支援を必要とする人への支援活動を進めるため、福祉意識の啓発、住民ニーズの把握と活動場面の開拓・提供、担い手の発掘・養成・登録・活動調整等を行う取り組みです。

映像資料:映像で見たい実践!~地域課題の解決に取り組む、地区社協活動の事例集~
(社会福祉法人広島市社会福祉協議会 平成27年制作)

このホームページに関するすべての著作権は、広島市社会福祉協議会に帰属します。
copyright©2008-2016 The Hiroshima City Council of Social Welfare. All rights reserved.