文字の大きさ:拡大  標準  縮小  背景色:通常 |お問合せ

社会福祉法人広島市安佐北区社会福祉協議会

ホーム > 主な取り組み

主な取り組み

こちらのページでは主な取り組みの概要を紹介しています。詳細は、「安佐北区社協とは(事業計画や事業報告等)」をご覧ください。

小地域福祉活動の支援

区内28地区社会福祉協議会(地区社協)が中心となってすすめている、地域の人びとのつながりづくりを基本にした支えあいや助けあいなど、福祉のまちづくりを応援しています。

主な取り組み

  • 地区社協が推進している「福祉のまちづくり」等の支援
  • ご近所のお互いの日頃からのあったかな目配り、気配りと支えあいで、万一、何かあった時にも、「あんしん」と言い合えるような近隣関係づくりの推進
  • 地域の誰もが安心して暮らせる福祉のまちづくりを目指して、地区社協で取り組まれる「福祉のまちづくりプラン」策定の支援
  • 地区社協の活動等を円滑に推進するため、地区社協事務所を兼ねた、福祉のまちづくり推進拠点づくりの推進
    >> 区内28地区社協の取り組みについては、「あなたのまちの地区社協」をご覧ください。

総合相談事業の実施

  • 日常生活上の悩みごとや心配ごとを総合相談員がお受けします。
    • 毎週月〜金曜日 9:15〜16:00(国民の休日を除きます。)
  • 月1回、市身体障害者更生相談所と協働して、「聞こえ」に関する悩みごとや補聴器に関する相談を受けています。

ボランティアセンターの運営

  • 「ボランティアさんに来てほしいと思われている方」や「ボランティア活動をしたいと 希望されている方」の相談を受け、活動の紹介や関係団体等との橋渡しをしています。
  • ボランティア活動への関心を高めるため、広報紙の発行やボランティア講座を開催しています。
    >> その他の取り組み等について、「区ボランティアセンター・福祉学習・ボランティア活動」をご覧ください。

子どもたちや地域の福祉学習の推進

  • 高校生や大学生などの青少年を対象に、福祉に関するボランティア活動の学習講座や、さまざまな分野の取り組み等を学ぶ「ヤングボランティアスクール」を開催しています。
  • 小中学校や高等学校で行われる福祉学習に、ゲストティーチャー調整などの協力を行っています。

高齢者や障害者、その家族の組織化や地域参加等の促進

  • 地域で活動されている「在宅介護者の会」(白木地域、高陽地域、可部地域)の活動を支援しています。
  • 区内の障害児・者団体やボランティア、障害者作業所等との連携により、障害児・者の社会参加や仲間づくりのための活動を支援しています。

ひとり親家庭の支援

  • ひとり親家庭親子ふれあい行事等を安佐北区母子会と共催し、ひとり親家庭の子どもの親睦と憩いの機会をつくるとともに、親子のふれあいを図っています。

車いす等・各種機材貸出し

  • 緊急一時的に車いすが必要となられた方に、車いすの貸し出しを行っています。
  • 地域の方ができるだけ身近な場所で車いすの貸し出しを利用できるように、拠点を整備した地区社協への車いすの配置を進めています。
  • 小中学校等で福祉学習を実施される際の、アイマスクや高齢者疑似体験セットなどの福祉機材の貸し出しを行っています。

子育て・子の育ち支援

  • 地区社協がすすめる子育てサロンづくりへの支援を行っています。
  • 常設型オープンスペースへの協力及び子育て支援ボランティア講座を共同開催しています。
  • 子どもたちの学びや、遊びなどの地域の取り組みを支援しています。

区内の福祉関係機関・団体等とのネットワークづくり

  • 地域包括支援センター連絡会議や精神保健福祉検討会議(ネットワーク会議)、自立支援協議会地域部会等へ参加し、情報提供、研修会や講座の企画実施などに協力をしています。

指定管理施設の運営

その他

下記の取り組みは、広島市域共通で取り組んでいます。安佐北区社会福祉協議会でも、ご相談をお受けしています。詳細は、広島市社会福祉協議会ホームページをご覧ください。各事業の詳細は、市社会福祉協議会ホームページをご覧ください。

※PDFファイルを見るためには、Adobe Readerをダウンロードしてください。

copyright©2009 社会福祉法人広島市安佐北区社会福祉協議会